営業保証金の供託について

登録後、業務開始前に500万円の供託が必要

登録申請が受理され、財務局にて登録がされると、

登録業者は業務開始前に営業保証金として供託所へ500万円の供託を行わなければなりません。

この供託は、例えば以下の方法により行うことができます。

 

①現金500万円

②日本銀行小切手500万円

③国債等有価証券500万円

④銀行保証

通常、①②で供託するのが一般的です。

③の場合は、利払日についた利息について、別途利息請求手続きが都度必要となります。

時効の関係で、利息請求手続きをしないと、国庫金として寄託処理されてしまうので注意が必要です。

 

※供託は、投資助言・代理業のみの登録の際に必要です。

 例えば、投資助言・代理業と第二種金融商品取引業の2種類の登録を行う場合は、

 供託金500万円は不要となりますので、ご注意下さい。

主な供託所一覧

東京法務局

03-5213-1234

東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎

横浜地方法務局

045-641-7461

横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎

さいたま地方法務局

048-863-2211

さいたま市浦和区高砂3-16-58 横浜第二合同庁舎

千葉地方法務局

043-302-1318

千葉市中央区中央港1-11-3

大阪法務局

06-6942-9467

大阪市中央区谷町2-1-17